Microsoft Excel で配列または隣接するセル範囲を操作するのは、難しい場合があります。配列を結合、形状変更、またはサイズ変更する場合は、多くの状況に対応できる関数のコレクションから選択できます。

注:これらの 11 の関数は、2022 年 8 月の時点で Excel に新しく追加されました。Office Insider から徐々に Excel ユーザーにロールアウトされています
目次

配列を結合する 配列を
変形
    する 配列を行または列
    に変換する 行または列を
配列に変換する 配列のサイズを変更する 行または列を
    取得または削除
    する 特定の数の行または列を保持
    する 配列を特定の次元に拡張する

配列を組み合わせる

スプレッドシートでデータを結合するのは難しい場合があります。VSTACK および HSTACK 関数を使用すると、配列を垂直方向および水平方向にスタックできます。

関連: Microsoft Excel でスプレッドシートのデータを結合する方法

各関数の構文は と同じで、VSTACK(array1, array2,...)必須HSTACK(array1, array2,...)の配列は 1 つだけで、その他はオプションです。

セル B2 から F3 および H2 から L3 の配列を垂直方向に結合するには、VSTACK 関数に次の数式を使用します。

=VSTACK(B2:F3,H2:L3)

Excel の VSTACK 関数

同じ配列を水平方向に結合するには、HSTACK 関数に次の式を使用します。

=HSTACK(B2:F3,H2:L3)

Excel の HSTACK 関数

配列の形状変更

配列を結合するのではなく、配列を再形成する場合は、使用できる関数が 4 つあります。

関連: 誰もが知っておくべき 12 の基本的な Excel 関数

配列を行または列に変換する

まず、TOROW 関数と TOCOL 関数を使用すると、配列を行または列として整形できます。それぞれの構文はTOROW(array, ignore, by_column)TOCOL(array, ignore, by_column)です。

  • 無視: 特定の種類のデータを無視するには、空白の場合は 1、エラーの場合は 2、空白とエラーの場合は 3 を入力します。デフォルトは 0 で、値を無視しません。
  • By_column : この引数を使用して、TRUE を使用して列ごとに配列をスキャンします。引数が含まれていない場合、デフォルトは FALSE で、配列を行ごとにスキャンします。これにより、値の順序が決まります。

配列 B2 から F3 を行に変換するには、TOROW 関数で次の式を使用します。

=TOROW(B2:F3)

Excel の TOROW 関数

代わりに同じ配列を列に変換するには、次の数式で TOCOL 関数を使用します。

=TOCOL(B2:F3)

Excel の TOCOL 関数

行または列を配列に変換する

上記の逆を行い、行または列を配列に変換するには、WRAPROWS および WRAPCOLS を使用できます。それぞれの構文は でWRAPROWS(reference, wrap_count, pad)ありWRAPCOLS(reference, wrap_count, pad)referenceはセルのグループです。

  • Wrap_count : 各行または列の値の数。
  • Pad : パッド (空​​のセル) に表示する値。

行を折り返してセル B2 から K2 を 2 次元配列に変換するには、WRAPROWS 関数を使用します。この数式では、セルは行ごとに 3 つの値を使用してラップされ、「空」がpad.

=WRAPROWS(B2:K2,3,"空")

Excel の WRAPROWS 関数

列をラップして同じセルを 2 次元配列に変換するには、WRAPCOLS 関数を使用します。この式では、列ごとに 3 つの値を使用してセルがラップされ、「空」がpad.

=WRAPCOLS(B2:K2,3,"空")

Excel の WRAPCOLS 関数

配列のサイズ変更

データを追加したり、不要なセルを削除したりして、配列のサイズを調整したい場合があります。必要な結果に応じて、これを行うのに役立つ5 つの関数があります。

関連: データ入力に欠かせない 13 の Excel 関数

行または列の取得または削除

TAKE 関数を使用すると、指定した行数または列数を維持できます。DROP 関数を使用すると、反対のことを行い、指定した数の行または列を削除します。配列の先頭から取得または削除するには正の数を使用し、末尾から取得または削除するには負の数を使用します。

それぞれの構文はTAKE(array, rows, columns)DROP(array, rows, columns)次の 2 つの引数の少なくとも 1 つが必要な場所です。rowsまたはcolumns

配列 B2 から F5 の最初の 2 行を保持するには、引数を指定して TAKE を使用しrowsます。式は次のとおりです。

=テイク(B2:F5,2)

行の TAKE 関数

最初の 2 列を同じ配列に保持するには、columns代わりに次の引数を使用します。

=テイク(B2:F5,,2)

列の TAKE 関数

rows配列 B2 から F5 の最初の 2 行を削除するには、引数と次の式を指定して DROP を使用します。

=DROP(B2:F5,2)

行の DROP 関数

同じ配列の最初の 2 列を削除するには、columns代わりに引数と次の数式を使用します。

=DROP(B2:F5,,2)

列の DROP 関数

特定の数の行または列を保持する

保持したい正確な行番号と列番号を配列から選択するには、CHOOSEROWS 関数と CHOSECOLS 関数を使用します。

それぞれの構文はCHOOSEROWS(array, row_num1, row_num2,...)CHOOSECOLS(array, column_num1, column_num2,...)最初の 2 つの引数が必要な場所です。必要に応じて、行番号と列番号を追加できます。

配列 B2 から F5 までの行 2 と 4 を返すには、CHOOSEROWS 関数と次の数式を使用します。

=CHOOSEROWS(B2:F5,2,4)

Excel の CHOOSEROWS 関数

同じ配列から列 3 と 5 を返すには、次の式で CHOOSECOLS 関数を使用します。

=CHOOSECOLS(B2:F5,3,5)

Excel の CHOOSECOLS 関数

注:シートではなく、配列の行番号または列番号を使用することを忘れないでください。

配列を特定の次元に拡張する

配列にさらにデータを追加する予定がある場合は、特定のサイズにして境界線を追加したり、条件付き書式を使用 したりする必要がありますEXPAND 関数を使用して、配列がカバーする行数と列数を入力します。

関連: Excel でセルの境界線を追加および変更する方法

関数の構文は、または引数EXPAND(array, rows, columns, pad)が欠落していると、それらが展開されないことを意味します。必要に応じて、空のセルの値を含めることができます。rowscolumnspad

配列 B2 から F5 を拡張して 10 行 10 列をカバーするには、次の数式を使用します。

=EXPAND(B2:F5,10,10)

ExcelのEXPAND関数

同じ配列を同じ次元に展開し、pad「空」を含めるには、次の式を使用します。

=EXPAND(B2:F5,10,10,"空")

パッド値を使用した EXPAND 関数

ヒント:pad引数は省略可能ですが、上記のようなエラーが表示されるよりも、引数を使用することをお勧めします

これらの 11 の関数を使用すると、Microsoft Excel の配列をこれまで以上に細かく制御できます。それらを試してみて、必要なことが達成されるかどうかを確認してください。

関連: Microsoft Excel で一般的な数式エラーを修正する方法