Windows 8を実行している場合は、WindowsキーとLを同時に押します。何が見えますか?日付、時刻、天気が表示されたロック画面である必要があります。日付と時刻はどのような形式になりますか?これは、タスクバーの時計とほぼ確実に同じです。24時間形式を使用することを選択した場合は、両方の場所で使用されます。しかし、そうである必要はありません。カスタマイズが可能です。

ロック画面の日時の外観を変更するには、コントロールパネルにすばやくアクセスするだけでよいと思うかもしれません。ある程度これは真実です。リージョンアプレットを使用してフォーマットを構成できますが、これはシステム全体の設定です。レジストリを編集することにより、ロック画面で異なるフォーマットを使用することができます。

レジストリエディタを起動し、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ SystemProtectedUserData \ S-1-5-21- [unique ID] \ AnyoneRead \ LocaleInfoに移動します。

このキーを編集可能にする必要があるため、LocaleInfoを右クリックし、[権限]を選択して、[OK]をクリックする前に両方の[許可]ボックスがオンになっていることを確認します。

右側には調整可能な設定がいくつかありますが、特に重要なのはTimeFormatキーです。リージョンコントロールパネルの時間形式と同様に、基本的な構文を使用して時間の外観を調整できます。

HH:mmは先行ゼロ付きの24時間形式を使用し、H:mmはそれなしで、hh:mmはゼロ付きの12時間形式を使用し、h:mmはそれを削除するために使用されます。ttを追加して、AMおよびPMインジケーターを含めます。レジストリを介してこの設定を編集すると、タスクバーの時計とは異なる形式で時刻を表示するように選択できます。

ロック画面の外観を少し変えたい場合は、創造性を発揮して時計にASCIIアートを追加することもできます。

変更はすぐに有効になります–Windowsを再起動する必要はありません。