Nintendo Switchをスリープモードから復帰させるときは、少し面倒なロック画面を通過する必要があります。まず、Aを押してロック画面のロックを解除してから、任意のボタンを3回押して、コンソールのロックを解除する必要があります。ロック画面はパスワードやPINを使用しないため、セキュリティは必要ありません。おそらく、バッグの中でコンソールがオンになるのを防ぐための追加の手順です。面倒な作業をスキップしたい場合は、ロック画面をオフにする方法を次に示します。

任天堂は、ボタンを3回押さなければならない画面を「ロック画面」と見なしています。これは少し紛らわしいです。これは、ロック画面がコンソールをスリープ解除するときに表示される2番目の画面になるためです。コンソールがスタンバイモードの場合、電源ボタンまたはホームボタンを押すことで画面をスリープ解除できます。以下のような画面が表示されます。

画面でAを押すように求められますが、実際には任意のボタンを押してこの画面を通過できます。有効にしている場合、次に表示されるのは実際のロック画面です。この画面では、コンソールのロックを解除するためにボタンを3回押す必要があります。この画面をもう表示したくない場合は、「次回はロックしないでください」というチェックボックスをタップします。

ロック画面が無効になっている場合でも、Aを押すように求める最初の画面が表示されますが、3ボタンのロック画面はスキップできます。

または、すでにコンソールを開いている場合は、[設定]メニューのロック画面を無効にすることができます。ホーム画面から、画面の下部にある[システム設定]をタップします。

画面ロックまで下にスクロールします。このメニューには、「スリープモードで画面をロックする」というラベルの付いたオプションが1つあります。このオプションを切り替えてオフにします。ロック画面をオンに戻したい場合は、ここに戻って再度有効にしてください。

スイッチのロック画面は、コンソールが頻繁にバッグにぶつかる場合に便利な場合がありますが、自宅でのみ使用する場合やキャリングケースを持っている場合は、無意味な迷惑になる可能性があります。