Fatmawati achmad zaenuri/Shutterstock.com

GRUB の更新により、Linux コンピューターが BIOS または UEFI 設定で起動することが知られています。これを修正するには、知っておくべき便利なシステム リカバリ トリックを利用します。

ケーススタディ: GRUB 2:2.06.r322

2022 年夏の Arch および Arch ベースの Linux ディストリビューションのシステム アップデートには、新しいバージョンの GRUBが含まれていました。GRUB は gr and  unified bootloader のです。

ブートローダーは、コンピューターの電源を入れたときに起動プロセスを開始するアプリケーションです適切なパーティションから適切な順序で、いくつかのソフトウェア ツールとユーティリティを起動して、最終的に操作可能でアクセス可能なオペレーティング システムを実現する必要があります。GRUB は、一連のイベントを開始します。

コンピューターに複数のオペレーティング システムがインストールされている場合、GRUB には、使用するオペレーティング システムを選択できるメニューが用意されています。GRUB 2:2.06.r322 へのコード変更の 1 つで、新しい GRUB オプションのサポートが追加されました--is-supportedこのオプションは、ファームウェア機能へのブートが存在するかどうかを示すために使用されます。そうである場合、GRUB はブート メニューにエントリを追加して、EUFI 設定で起動できるようにします。

新しいオプション は、  「30_uefi-firmware.in」というスクリプトで参照されていました。このファイルの diff はif、ステートメントが削除され、2 行が追加され たことを示しています。

新しい行の 1 つは置換 ifステートメントでした。もう一方の改行にはfwsetup --is-supported. 「fwsetup」の「fw」はファームウェアの略です。しかし、その行は  new ステートメントの上にあるため、常に実行されます。ifステートメントの本体内にある場合は、 ifステートメント内のテストがiftrue に解決された場合にのみ実行されます。

関連UEFI とは何ですか? BIOS との違いは何ですか?

これにより、すべてではありませんが、多くのUEFI コンピューターで問題が発生しました。インストール済みの GRUB のバージョンがこのコマンドをサポートしているかどうかによって異なります。影響を受けるマシンは、次の 2 つのいずれかを行います。ブート プロセスが完了せずに継続的に再起動されるブート ループに入るか、コンピューターが UEFI ファームウェア設定で直接起動します。いずれにせよ、コンピューターを強制的に Linux で起動する方法はありませんでした。

このような状況に直面した場合、完全な再インストールを行う核となる選択肢が常にあります。それは機能しますが、ハード ドライブのパーティション分割の方法によっては、最近のバックアップがないと、データが失われる可能性があります。

影響の少ない方法ではchroot、Live USB または Live CD/DVD を使用します。これは、Linux コンピューターを起動またはログインできない場合に、あらゆる種類のシステム障害を理解し、備えておくための優れた手法です。

使用するテクニック

この手法を使用するには、ライブ Linux インスタンスで起動する起動可能な USB または Linux ディストリビューションが入った CD/DVD が必要です。通常、これらは Live USB または Live CD/DVD と呼ばれます。すべての主要なディストリビューションがこの機能をサポートしています。

関連永続ストレージを使用してライブ Ubuntu USB ドライブを作成する方法

何もインストールしないので、ライブ メディアは、コンピューターにインストールしたディストリビューションと同じである必要はありません。たとえば、Ubuntu USBを使用して EndeavourOS コンピュータを修復できます。ライブ メディアにアクセスできない場合は、別のコンピューターを使用してイメージをダウンロードし、それを USB メモリ スティックまたは CD/DVD に書き込む必要があります。

ライブ メディアから起動すると、既存のファイル システムをマウントしてアクセスできるようになります。インストールされたファイル システムは、ライブ メディアから起動された Linux のファイル システムの一部として表示されます。それは素晴らしいことです。アクセスできれば、修復できる可能性があります。しかし、それは問題を提起します。

関連Linux で chroot コマンドを使用する方法

このハイブリッド ファイル システムのルートは、インストールしたファイル システムのルートではなく、ライブ メディア ファイル システムのルートです。Linux システムで構成されたファイル パスが正しいターゲットの場所を参照するようchrootにするには、ファイル システム内のどこかであり、ライブ Linux のルートに関連する場所ではありませんインストールされたファイルシステム。つまり、「/」で始まるパスは、ファイル システムのルートを開始点として使用します。

これに使用したテスト コンピューターはファイル システムを使用してext4ますが、この手法は他のファイル システムでも使用できます。マウントする必要があるパーティションまたはボリュームと、それらをマウントする場所を特定するだけです。原則は同じです。

実践する

起動可能な USB ドライブを作成し、被害を受けたコンピューターをそこから起動しました。使用したディストリビューションはEndeavourOSです。EndeavourOS ライブ メディアがXFCE 4 デスクトップ環境で起動します。

EndeavourOS ライブ メディアが XFCE デスクトップ環境で起動

ファイル システムのルートを保持しているパーティションとブート パーティションを特定するには、ターミナル ウィンドウを開いてfdiskコマンドを使用します。-l(list partition) オプションを使用しています。も使用する必要がありますsudo

須藤 fdisk -l

sudo fdisk -l コマンドを使用してパーティションとデバイスを一覧表示する

「EFI System」および「Linux filesystem」というラベルの付いたエントリが表示されるまで、出力をスクロールします。

ブート パーティションとルート パーティションが強調表示された sudo fdisk -l コマンドの出力

このコンピューターでは、両方ともsdaハード ドライブ上にあります。/dev/sda1これらは、パーティション ラベルおよび で示されるように、パーティション 1 および 2 にあり/dev/sda2ます。

お使いのコンピューターでは、それらは異なるハード ドライブやパーティションにある場合があります。それらが存在するパーティションに注意してください。次のコマンドでこれらを使用する必要があります。

これらのパーティションをライブ ファイル システムにアタッチして、ファイル システムをこれらのパーティションにマウントする必要があります。mountコマンドがそれを行いますパーティション ラベルは異なる可能性が高いため、fdiskコマンドの結果のものを必ず使用してください。

sudo マウント /dev/sda2 /mnt
sudo マウント /dev/sda1 /mnt/boot/efi

ブートおよびファイル システムのルート ファイル システムのマウント

ファイル システムの有効なルートを実際にインストールされたファイル システムのルートから開始するようにするchrootには、ルートを「/mnt」マウント ポイントに設定します。これは、インストールされたファイル システムのルートがライブ ファイル システムに移植される場所です。

須藤chroot / mnt

chroot コマンドを使用して新しい実効ルートを作成する

コマンド プロンプトが変わり、root として実質的にログインしていること、およびコンピュータのファイル システムのルート ディレクトリ「/」にいることが示されることに注意してください。

「/home」ディレクトリに変更し、その中に存在するディレクトリを確認することで、これを簡単にテストできます。

CD /ホーム
ls

ls を使用してユーザー アカウントを一覧表示する

自分のユーザー アカウント用のディレクトリを含め、コンピュータに構成されている各ユーザーのディレクトリが表示されます。このコンピューターには、「dave」という名前のユーザーが 1 人います。cd /homeコマンドを使用する前に使用していた場合chrootは、ライブ ファイル システムの「/home」ディレクトリに入っていたことになります。

明確にする ために、ルートユーザー として 実際のファイルシステムにアクセスして いるので、注意してください.

GRUB 2:2.06.r322 の問題を修正するには、grub-installコマンドを実行するだけで済みました。

grub-install

grub-install コマンドを実行して、GRUB ブートから BIOS エラーを修正する

grub-installこのようにやみくもに実行することは、通常はお勧めできません。この例では、それが必要でした。

修理または交換

別の問題を修正しようとしている場合は、ディストリビューションのフォーラムで問題の適切な修正を確認する必要があります。苦情が広まっている場合は、すぐに解決策が見つかります。

少なくとも、ファイル システムにアクセスできるようになったので、データをリムーバブル メディアにコピーできます。完全な再インストールを行うことにした場合、データは失われません。

関連: Linux で「install」コマンドを使用してファイルをコピーする方法