別の場所にあるスプレッドシートのデータを操作したい場合があります。Google スプレッドシートの一連の関数を使用して、CSV ファイル、RSS フィード、ウェブページ、または別のスプレッドシートからデータをインポートできます。

ここで説明する関数を使用すると、外部ソースからシートにデータを取り込むことができます。次に、新しいデータを分析、操作、フォーマットして、好きなように処理します。

目次

CSV または TSV ファイル
の IMPORTDATA RSS または ATOM フィード
の IMPORTFEED Web ページのテーブルまたはリストの
IMPORTHTML スプレッドシートのセル範囲の IMPORTRANGE

CSV または TSV ファイルの IMPORTDATA

インポートしたい Web サイトにCSVまたは TSV ファイルがある場合は、IMPORTDATA 関数を使用できます。

関連: CSV ファイルとは何ですか?どうすれば開くことができますか?

関数の構文は、 URLまたはセル参照IMPORTDATA(reference, delimiter, locale)として最初の引数のみが必要な場所です。デフォルトのファイル タイプとは異なる区切り文字を使用する場合は、引数を使用します。言語を変更する必要がある場合は、地域のコードで引数を使用します。delimiterlocale

ここでは、次の式の URL を使用して CSV ファイルをインポートします。

=IMPORTDATA("https://www.bls.gov/cew/classifications/aggregation/agg-level-titles-csv.csv")

Google スプレッドシートの IMPORTDATA 関数

この例ではdelimiter、CSV ファイルのデフォルト (カンマ) を使用するのではなく、引数を追加します。

=IMPORTDATA("https://www.bls.gov/cew/classifications/aggregation/agg-level-titles-csv.csv",".")

区切り文字引数を指定した IMPORTDATA 関数

RSS または ATOM フィードの IMPORTFEED

おそらく、シートで操作するためにデータを取得したいRSSまたは ATOM フィードがあるでしょう。IMPORTFEED 関数を使用します。

関連: RSS とは何ですか? RSS を使用するメリットは?

関数の構文ではIMPORTDATFEED(reference, query, headers, number_items)、最初の引数のみが必要であり、URL またはセル参照を使用できます。

  • クエリ: デフォルトの「items」を入力するか、1 行のデータの場合は「feed」、特定のフィード要素の場合は「feed [type]」、特定の item 要素の場合は「items [type]」を使用します。
  • Headers : デフォルトは FALSE ですが、TRUE を使用してヘッダー行を含めることができます。
  • Number_items : デフォルトはフィード内のすべてのアイテムですが、特定の数のアイテムを入力できます。

5 つのアイテムを含む How-To Geek フィードをインポートするには、次の式を使用できます。

=IMPORTFEED("https://www.howtogeek.com/feed","アイテム",,5)

多数のアイテムの IMPORTFEED 関数

次の数式を使用すると、同じフィードから 5 つのアイテムをインポートして、ヘッダー行を含めることができます。

=IMPORTFEED("https://www.howtogeek.com/feed","アイテム",TRUE,5)

ヘッダー付きの IMPORTFEED 関数

もう 1 つの例として、同じフィードを使用して、次の式を使用して 5 つのアイテムのタイトルのみをインポートします。

=IMPORTFEED("https://www.howtogeek.com/feed","アイテムのタイトル",,5)

タイトルのみの IMPORTFEED

Web ページ上のテーブルまたはリストの IMPORTHTML

Web ページ ( HTML )の表とリストは、IMPORTHTML 関数を使用して Google スプレッドシートに簡単にインポートできます。

関連: HTML とは?

関数の構文はIMPORTHTML(reference, query, index)、ページによっては 3 つの引数すべてを使用する場合があります。には URL またはセル、 にreferenceは「テーブル」または「リスト」、queryには番号を入力しindexます。インデックスは、テーブルまたはリストが複数ある場合、そのページの HTML 内の識別子です。

例として、次の式を使用して、Star Wars 映画のウィキペディア ページの最初のテーブルをインポートします。

=IMPORTHTML("https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Star_Wars_films","表",1)

ページの最初のテーブルの IMPORTHTML

Web ページを表示すると、この最初のテーブルが右上にあることがわかります。

ページの最初の表

それは本当に必要なページの次のテーブルであるため、代わりに次のインデックス番号を次の式に含めます。

=IMPORTHTML("https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Star_Wars_films","表",2)

ページの 2 番目のテーブルの IMPORTHTML

代わりに、Google スプレッドシートに以下の表が表示されます。

ページの 2 番目のテーブル

もう 1 つの例として、同じページからリストをインポートします。これは、記事の内容であるページで識別される 3 番目のリストです。式は次のとおりです。

=IMPORTHTML("https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Star_Wars_films","リスト",3)

ページの 3 番目のリストの IMPORTHTML

スプレッドシートのセル範囲の IMPORTRANGE

もう 1 つの便利なインポート機能は、別のスプレッドシートからデータを取り込むためのものです。同じブック内のシートからデータを取得するのは簡単ですが、別のブックからデータが必要になる場合があります。これには IMPORTRANGE 関数を使用できます。

関連: 別の Google シートからデータをインポートする方法

関数の構文は、IMPORTRANGE(reference, sheet_range)両方の引数が必要な場所です。シートの URL を引用符で囲むか、セル参照を使用します。次に、シート名とセル範囲を文字列またはセル参照として含めます。両方を引用符で囲む必要があります。

IMPORTRANGE 関数の数式を初めて入力すると、次のようなエラーが表示される可能性があります。これは、インポートするシートへのアクセスを許可する必要があることを警告するためのものです。「アクセスを許可」を選択して続行します。

IMPORTRANGE アクセス メッセージ

この例では、A1 から E7 までの範囲を別のブックからインポートします。このワークブックにはシートが 1 つしかないため、インポートはシート名なしで成功します。式は次のとおりです。

=IMPORTRANGE("https://docs.google.com/spreadsheets/d/mysheet/edit","A1:E7")

Google スプレッドシートの IMPORTRANGE 関数

次の例では、複数のシートを持つ別のブックからインポートしています。したがって、シート名とセル範囲を単一の文字列として含めます。Sales!D1:F13

=IMPORTRANGE("https://docs.google.com/spreadsheets/d/mysheet/edit#gid=111525310","Sales!D1:F13")

シート名を持つ IMPORTRANGE 関数

これらの Google スプレッドシートのインポート機能は、ここで説明したタイプのような外部データが必要な場合に非常に便利です。Microsoft Excel ワークブックなど、特定の種類のファイルをパソコンからインポートする場合は、Google スプレッドシート メニューを使用してインポートできます

関連: Excel ドキュメントを Google スプレッドシートにインポートする方法