Appleロゴ-ビッグサーヒーロー画像

ここに巧妙なトリックがあります:システム環境設定の隠し機能を使用して、Macに15分、30分、または1時間ごとにタイムアウトを大声でアナウンスさせることができます。設定方法は次のとおりです。

まず、画面の左上隅にあるAppleアイコンをクリックし、表示されるメニューから[システム環境設定]を選択して、システム環境設定を開きます。

画面の隅にあるAppleロゴをクリックし、メニューから[システム環境設定]を選択します。

macOS Catalina以前の「システム環境設定」で、「日付と時刻」をクリックします。macOS 11 Big Sur以降では、[Dock&MenuBar]をクリックします。

Big Sur以降では、[Dock&MenuBar]をクリックします。

Catalina以前を実行している場合は、[日付と時刻]設定の[時計]タブをクリックします。Big Sur以降では、「Dock&Menu Bar」サイドバーを下にスクロールして、「Clock」をクリックします。

[Dock&Menu Bar]設定で、BigSurのサイドバーにある[Clock]をクリックします。

「時計」設定になったら、「時間をアナウンスする」の横にチェックマークを付けます。次に、ドロップダウンメニューを使用して、Macに時刻を正時、30分、または15分でアナウンスするかどうかをカスタマイズできます。

たとえば、[15分に]を選択すると、午後2時、午後2時15分、午後2時30分、午後2時45分にアナウンスが聞こえます。音声は「2時です」と言います。時計」または「それは245です。」

[時計]設定で、[時刻をアナウンス]の横にチェックマークを付けます。

タイムアウトを大声で話す声を変更したい場合は、「声のカスタマイズ」ボタンをクリックしてください。その画面で、男性または女性の声を選択し、発話速度を調整することもできます。

その後、システム環境設定を閉じれば完了です。システムの音量を上げている限り、設定した間隔で話されている時間が聞こえます。楽しむ!