インテル

Intel の Pentium シリーズが同社の主力 CPU レンジだった時代がありました。Intel が最初の Pentium プロセッサを発売してから 29 年、最初の Celeron が発売されてから 24 年が経ちました。30 年を経て、Intel は最終的に両方のブランドを段階的に廃止し始めます。

Intel は、2023 年のノートブックで Pentium および Celeron ブランドの使用を停止すると発表しました。Pentium と Celeron はどちらも、ラップトップ PC とデスクトップ PC の両方のエントリーレベルの CPU として店頭に並んでいました。Intel はこの市場セグメントを満たす CPU を引き続き提供しますが、Pentium や Celeron のブランドは付けず、単に「Intel プロセッサ」として販売するだけです。

関連Intel Core i3、i5、i7、および X CPU の違いは何ですか?

Intelは、この動きはCPUの範囲を簡素化し、ユーザーが「ニーズに合った適切なプロセッサを選択することに集中できる」ようにするために行われたと述べています。Intel の CPU に関する焦点は、Core、Evo、および vPro ブランドにとどまりますが、Celeron、Pentium Silver、または Pentium Gold ラップトップはこれ以上表示されません。

この動きが Intel のエントリーレベルのデスクトップ製品にも影響を与えるかどうかは、現時点では明らかではありません。たとえそうでなくても、おそらく道をたどるでしょう。同社は現在、Intel の第 12 世代 Core チップと同じAlder Lake アーキテクチャに基づく Pentium Gold および Celeron チップを持っています。どちらもデュアルコアで、Pentium Gold にはハイパースレッディングがありますが、Celeron にはありません。

ブランディングの変更がデスクトップにも適用される場合、Pentium と Celeron のブランディングの決定的な終焉を意味します。ただし、インテルは、どのチップが他のチップよりも優れているかをユーザーに確実に説明する方法を考え出す必要があります. そうしないと、インテルのエントリーレベルの範囲が今まで以上に混乱する可能性があります.

出典:インテル/ The Verge