マイクロソフト

Microsoftは、Windows 10日前にファイルエクスプローラーにタブを追加することを計画していましたが、それは実現しませんでした。ついに、タブがWindows 11InsiderPreviewビルドに登場しました。

ファイルエクスプローラーは、更新されたツールバーやよりシンプルなメニューなど、Windows 11のいくつかの変更をすでに受けており、タブ付きナビゲーションが機能しています。タブはファイルエクスプローラーメニューのタイトルバーに表示され、タブを追加すると、複数のウィンドウを管理しなくても、異なるディレクトリやドライブを切り替えることができます。

Windowsのタブは久しぶりです。 Microsoftは、2017年に「セット」と呼ばれる機能を実験していました。これにより、さまざまなアプリケーション(または同じアプリの複数のウィンドウ)を単一のタブ付きウィンドウにグループ化できます。セット機能は、Microsoftがさまざまなフィードバックを受け取り 、Officeアプリで動作させるための技術的な問題に遭遇した後、2019年に棚上げされました。

Microsoftは、左側のナビゲーションペインの「更新されたレイアウト」もテストしています。OneDriveフォルダーに同期されたアカウントの名前が表示されるようになり、ダウンロード、音楽、ビデオなどの既定のフォルダーが[このPC]サブメニューではなく[このPC]の上に表示されるようになりました。

これらの変更は、Windows 11 Insider Preview Dev Channelの一部(すべてではない)の人々に展開されています。すべてのバグが解決されると、タブと更新されたナビゲーションがすべての人に公開されます。

出典:Windowsブログ